腕の上半分 ( 肩からヒジまでの部分 ) を 「 上腕 」 と言います。

筋肉のアピールをする時ほとんどの人が、まず間違いなく

腕を曲げ、 『 力こぶ 』 を見せると思いますが、その 『 力こぶ 』 こそが上腕二頭筋なのです。


上腕二頭筋
この筋肉が収縮すると、肘を曲げる力が生まれます。

したがって、肘を曲げて手を体に引き付けるような動作を

力強く行うには、この上腕ニ頭筋の筋力が重要になってくるという訳です。





上腕ニ頭筋を鍛えると、たくましい力こぶが出来る反面、筋肥大しすぎると二頭筋が邪魔になり、

腕の稼動範囲が若干狭くなります。



しかし、そんな事は気にせずガンガン鍛えて、

Tシャツの袖口をピッチピチにしようぜっ!!



上腕二頭筋のトレーニング


コンセントレーションカール-2 コンセントレーションカール アームカール-2 アームカール      





関連記事

アイソメトリック トレーニング方法    ダンベルで筋トレ まとめ

セット数 と インターバル その1     セット数 と インターバル その2

負荷設定   RMって?         【 超回復 】 とは?