上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
ウォーミングアップの目的とは何でしょうか?

a1180_012133_m.jpg

ウォーミングアップを実施する目的

それは2つあります。

運動時に

① 100%の力を発揮すること

② 怪我を予防すること




ウォーミングアップのやり方は人それぞれ、

色々な方法があると思いますが、上記2つを念頭に置いて行うと効果的です。





※ その後に行うスポーツの種類によっても違いはあります。


色んなスポーツ





ウォーミングアップのポイント

① 軽い運動で体温を上げる

ジョギング

体温が上昇する事により、血液の循環が良くなり、酸素の供給がスムーズになります。


また、筋肉の温度も上昇し、乳酸を分解する酵素が活発になる効果もあるため、

運動後の疲労回復も早くなります。




注 : 汗をかく事が目的ではありません。


無理をして、短時間で大量の汗をかいてもムダに体力を消耗するだけで、ウォーミングアップとはいえません。





② 体操やストレッチをする事で筋肉の柔軟性を高め、可動域を広げる


体温が上昇し筋肉の柔軟性が高まってから、筋肉を伸ばします。


筋肉が温まる前に、いきなりストレッチを行うと逆に筋肉を痛める原因となる為、注意しましょう。


マッサージ





③ 心肺機能の準備

筋肉だけでなく心肺機能も急激な運動には対応できない為、

一度心拍数を上げ、激しい運動に順応できるようにする




④ 集中力を高める

集中力を高めるだけでなく、緊張感が過度にある場合は体を動かすことで緊張をほぐすことができる。



⑤ コンディションチェック

ウォーミングアップを行うことで、その日の自分の体調を
確認・把握する事ができる。




関連記事

乳酸の正体?        速筋 と 遅筋        ウォーミングアップ その2


有酸素運動        有酸素運動と無酸素運動
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

Thoughts on スポンサーサイトウォーミングアップ vol.1

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。