上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
下半身強化 トレーニングの王様

スクワット



ぬぅぉぉ―――(((*`・Д・´*)))―――っっ!

スクワット-0
【 種目 】

スクワット


【 トレーニング部位 】

大腿四頭筋・ハムストリングス・大臀筋






基本姿勢

①脚は肩幅より若干広め、つま先を やや外側に向けて立つ

( がにまた )


②ダンベルを担ぎ、胸を張り、肩甲骨を内側へ寄せる


スクワット-1



しゃがみ→立ち上がり動作

③背中が曲がっていると腰を痛める為、背中はまっすぐ

腰を反らさない様に保ち、顔は まっすぐ前を見てしゃがむ



④膝の向きをつま先の向きと同じ方向に曲げ、勢いをつけず
ゆっくりと、

膝がつま先より前に出過ぎない様に、お尻を後ろへ引き椅子に座るようなイメージで行って下さい


スクワット-2

⑤立ち上がる時も姿勢を維持したままゆっくりとしゃがむ動作の

逆再生?で、立ち上がる







横から見るとこんな感じ


スクワット-5





スクワット まとめ

①脚は肩幅より若干広め、つま先を やや外側に向けて立つ
( がにまた )


②ダンベルを担ぎ、胸を張り、肩甲骨を内側へ寄せる


しゃがみ→立ち上がり動作   スクワット-1スクワット-2



③背中が曲がっていると腰を痛める為、背中はまっすぐ、腰を反らさない様に保ち、顔は まっすぐ前を見てしゃがむ


④膝の向きを、つま先の向きと同じ方向に曲げ、勢いをつけずゆっくりと、膝がつま先より前に出過ぎない様に、

お尻を後ろへ引き、椅子に座るようなイメージで行って下さい


⑤立ち上がる時も姿勢を維持したままゆっくりとしゃがむ動作の
逆再生?で、立ち上がる



呼吸:吸いながらしゃがみ、立ち上がる時に吐く



補足 ( ̄^ ̄)   スクワット-1スクワット-2


しゃがむ動作をした時に、どうしても上半身が前傾してしまいますが、

この時には、顔は正面を向き目線を絶対に下げない事と、

胸を張った姿勢を維持する事で背中が曲がらない様に注意する事が大切です



しゃがむ深さについては、下がれば下がる程負荷は増します。



しかし、それに比例するように背中も曲がりやすくなるので、

膝の深さの目安は、まっすぐな背中を保てる範囲の限界までにしましょう。




let`s try-2





当ブログ内の画像で使用しているのがコチラのダンベル 2個セットです。

重量は 1個あたり、2.5 ~ 30.0Kg の間で自由に調節可能!!




Σ( ̄ロ ̄lll) 44% OFFって…



関連記事

セット数 と インターバル その1     セット数 と インターバル その2

負荷設定   RMって?         【 超回復 】 とは?

ダンベルで筋トレ まとめ
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

Thoughts on スポンサーサイトダンベルで筋トレ 9 スクワット

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。