有酸素運動

なんで有酸素って言うの? σ(._ ・ ;) ゥーン...

有酸素運動
肺へ取り込んだ酸素を利用して、脂肪を燃焼させエネルギーを補給する為、有酸素運動という。

体がエネルギー不足になった際、すぐ対応出来るように血液中には糖分、脂肪分が常に蓄えられています。
血管ー脂肪と糖分


有酸素運動でエネルギー消費が始まると、体の中に蓄えられている栄養素を分解し、その不足を補います。


最初のうちは血液中の糖分を分解、

血管-脂肪


それが無くなると、次に血液中の脂肪分を分解してエネルギー補給を行います。

一般的に、運動開始からここまで20分以上かかると言われています。

いわば最初の20分は血液のお掃除タイム

血管ーサラサラ

その後、血液中の脂肪分も無くなると、ようやく体脂肪の燃焼が始まります。
( 皮下脂肪 や 内蔵脂肪 )

これが有酸素運動を20分以上続けないと意味が無いと言われる理由。



一時期は、有酸素運動は20分以上継続して行わないと効果が無いとされてきましたが、

最近では累計20分以上でも充分な効果が得られるという事が判明したので、以前よりだいぶ続け易くなったと思います。

脂肪燃焼フローチャート
また、脂肪を燃焼させるには充分な酸素の供給が必要なので、

息が切れる様なハードな運動では脂肪燃焼は無く、無酸素運動と同じ扱いになる為、

運動強度としては、緩やかに、長時間が望ましいようです。


有酸素運動は、遅筋が鍛えられ、筋持久力アップにも効果アリ ^^

マラソン ・ ジョギング ・ エアロバイク
ゆったり時間をかけて泳ぐ水泳 ・ 水中ウォーキング など

無理なく続けられ、自分にあったものを選びましょう。








関連記事

速筋 と 遅筋      有酸素運動 と 無酸素運動