上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
      チラッ         
[電柱] д ̄ )夏バテ予防してる?   

...えっ!?... まだです...(゚ー゚?)

手遅れになるまえに、コレだけはおぼえておきたい夏バテ予防

ひまわり

●夏バテ予防 基本三原則

①栄養バランスのとれた食事

②規則正しい生活と十分な睡眠

③適度な運動

食事は規則正しく 1日3回、偏食せず色々な物をバランス良く、しっかりと噛んで食べる。

夜遅くまで飲食せず、充分な睡眠をとる

適度な運動で普段から汗をかく事が大切です。

ビタミンB1を摂る

夏場はさっぱりした食べ物を好み、甘い清涼飲料水を飲む機会も増える事から

脂肪が少なく糖質の多い食生活になりがちですが、脂肪や糖質をエネルギーにかえる為には、ビタミンB1が必要です。

ビタミンB1が不足すると、疲労感や脱力感が生じるはかりか、胃腸の消化・吸収能力が低下してしまい食欲が落ちるなど、
夏バテ一直線!!

夏バテにならない為にもビタミンB1を多く含んだ物を積極的に摂取しましょう。

ビタミンB1を多く含む食材として代表的なのは、うなぎや豚肉、レバーなどです。


うな重

昔から夏バテ防止に土用のうなぎを食べる習慣がありますが、理にかなった知恵といえるでしょう。

緑黄色野菜を摂る


野菜スティック

夏の緑黄色野菜は、カロチン、ビタミンB1、B 2、Cや、鉄、カルシウム、カリウムなど、多くのミネラルが含まれています。

ビタミンの必要量が増大する夏場には、たっぷり摂りたい食品です。

水分、ミネラルを摂る



汗をかいたら、スポーツドリンクなどで水分補給をしましょう。

しかし胃腸を冷やす冷たい飲み物ばかり摂取していると胃腸が弱り、

消化・吸収機能が低下→食欲減退→夏バテになってしまいます。

それではせっかくの水分補給が逆効果になるので

温かい緑茶なども適度にとり、疲れた胃腸にやさしさを!!


夏の暑い日は、さっぱりとした冷たい食べ物が多くなりがちですが、やはり胃腸のことを考えたら、最低限1品は温かい物も用意したいところ。

そこで是非オススメしたいのが味噌汁。


味噌汁

味噌汁は実に栄養面で優れていて、大豆から作られている味噌には良質なタンパク質 ( ソイプロテイン ) が含まれています。

さらに、具に野菜や海藻を加えればビタミン・ミネラルなどたくさんの栄養をまとめて補給できちゃうんです♪(´∀`)


関連記事

夏バテの原因          夏バテにも効く!?

運動中の水分補給

プロテインの基礎知識
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

Thoughts on スポンサーサイト予防? (-ω- ?)  

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。