上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
夏バテ

春も終わり、梅雨を経て夏になると気を付けなければいけないのが夏バテです。

夏になると、
『 なんとなく体がだるい 』
『 集中力が無く、やる気も出ない 』
『 食欲がない 』

な~んて 経験 ある方、多いのでは?

ではなぜ夏バテになるのか?その原因は大きく分けて3つあります。

■夏バテの原因 その1

【 水分とミネラルの不足 】


サイダー

人間は恒温動物なので、周りの環境に関わらず一定の体温を保っていないと正常に活動する事が出来なくなります。

そして最も体が活動しやすい体温は36~37度だと云われていて、その範囲を大きく外れると体調を崩してしまいます。

体温は外気に左右されやすく、真冬に気温の低いなかで、薄着でいると体温は下がり風邪をひいてしまいますよね

彡(-_-;)彡さむい…


逆に夏は気温が上昇するとともに体温も上昇

『 暑い 』 と感じた体は体温を下げるために体は汗をかくようになりますが、 この汗が問題 ι(´Д`υ)アツィー

汗は体内の水分だけではなく、塩分、ミネラル分も同時に排出してしまうので、

必要な栄養素が大量に失われた体はバランスを崩してバテてしまい、さらに放っておくと脱水症状熱中症などの症状が現われます。

しっかりと水分補給をしましょう。





■夏バテの原因その2

暑さと冷えの繰り返しでおこる自律神経失調症
( クーラー病 )


冷房設備が整った現代社会、クーラーが効いた室内と、外気の温度には大きな温度差があります。

エアコンの効いた室内から、急に暑い屋外へ出たり、

暑い屋外からエアコンの効いた室内に入ったりすると

自律神経が気温の変化に対応しきれず、体温の調節がなかなか出来ない状態になり、この繰り返しで自律神経失調症の可能性を引き起こしてしまいます。

自律神経の働きに支障を起こさず、スムーズに体温調節をするには、エアコンの温度設定を外気との温度差5度以内にすることが大切です。

また適度な水分補給も体温調節の一つとして、とても大切なことです。




■夏バテの原因その3

消化機能の低下による食欲減退(栄養失調)


食事

夏バテの症状で一番よく耳にするのは 『 食欲がない 』 という食欲減退の症状。

それは暑さで胃の消化機能が低下するから ( 暑さで体温が上昇すると体の表面の血管が拡張して熱を逃がそうとするので、反対に内臓周りの血流が減る為 ) で、

栄養の吸収効率が極端に悪くなり、ビタミン、ミネラル、たんぱく質など体に必要な栄養が不足して、夏バテの症状が出てしまいます。

適度な水分補給は必要なことですが、暑いがために冷たい飲み物を摂取し過ぎると胃腸は冷え、胃の働きが低下して食欲減退を招きます。
氷

冷房の効いた部屋で冷たい物を摂取してばかりの生活は夏バテになる大きな原因となります。

夏バテの原因まとめ

◎水分とミネラルの不足
◎自律神経失調症 ( クーラー病 )
◎消化機能低下による食欲減退


関連記事

本当にコワい脱水症状      夏バテにも効く!?

熱中症 ┐( ̄Д ̄;)┌???     予防? (-ω- ?)

運動中の水分補給
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

Thoughts on スポンサーサイト夏バテの原因

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。