上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

◆熱中症になったかも?そんな時の初期対応

赤十字

早めの対応が大切なので熱中症かも?と思ったらスグに対応しないと手遅れになってしまいます。

真っ先にしなければならない初期対応として基本的なものは、


ベンチ

涼しい日陰やクーラーの効いた室内などに移動する

◎体にピッタリとした服装の場合はゆったりとした服装で休む

◎氷や冷たい水で濡らしたタオルを手や足などに当てて、体を冷やす
◎タオルやうちわ、衣服などを使って扇ぎ風を送って体を冷やす

◎水分を補給する
汗によって失われた塩分も補給する必要があるのでスポーツドリンクなどを少しずつ何回にも分けて補給しよう。

水分補給のポイントは 【 15分~20分に1回、約200ml 】

200mlの目安はおよそグラス一杯分です。↓
グラス


ここまでは、自分でもできる応急処置。

軽い症状の場合はこれで良い場合もあるが、 症状が改善されなかったり、気分が悪くなるなど症状が重い場合は危険です。

【 熱中症は一度かかるとクセになり再発しやすくなる 】

という説もあるくらいなので『そのうち治るだろう』などと甘く考えず必ず病院へ行きましょう。


熱中症予防のポイント

◎大量に発汗する運動や作業時には水分補給が重要です。
スポーツドリンク等で補給しよう。

◎頑張り過ぎはトラブルのもと。
休憩時間を確保して、効率よく作業や運動をするようにしましょう。

◎炎天下での運動や労働を行う場合、いつでも避難できる日陰や涼しい休憩場所を確保する事が大切です。

◎睡眠不足、二日酔い、朝食を取らないなど、体調不良は熱中症の発症に影響を与える恐れがあります。
健康管理をしっかり行いましょう。

◎普段より軽い運動をして汗をかき、暑さに慣れておきましょう。

◎通気性のよい着衣を身につけましょう





関連記事

熱中症 ┐( ̄Д ̄;)┌???

本当にコワい脱水症状

運動中の水分補給
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

Thoughts on スポンサーサイト熱中症の初期対応と予防法

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。