上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
今回は腹筋のアイソメトリック

『 プランク 』

を、ご紹介いたします。

筋肉-腹筋

■腹筋の役割

腹直筋 ( シックスパック形成部分 )

おもに身体を前に倒すときにつかわれます。



腹斜筋 ( くびれ部分 )

身体を横に倒したり、腰をねじったりする時に使用される筋肉。

横腹が気になる人や、くびれたウエストを手に入れる為にも、特に女性はこの筋肉を中心に鍛えると良いでしょう。





そんなお腹まわりのトレーニング腹筋のアイソメトリックがコチラ

■ プランク


プランク-1

上から見るとこんな感じ

プランク-2

一般的に 『 プランク 』 と呼ばれるこのアイソメトリックは腹直筋に効果があります。




プランクのポイント

1. 床にうつ伏せの状態で横になる

2. 肘とつま先で立ち、肘は肩の真下に置く

3. 肩から かかとまで、背中のラインは真っ直ぐに保つ

4. 腹直筋を意識して下さい

5. 体勢を維持したまま 1分~3分 もしくは限界まで × 3セット





腹筋が辛くなってくると、だんだん体勢が崩れて

体重を前腕だけで支えてしまいがちですが、

そうなると腹筋の力が抜けてしまい、意味がありません。


あくまでも、支えの軸は腹筋である事に注意して下さい。





もう一つ、

コチラは主に腹斜筋に効きます

■ サイドプランク


サイドプランク-1

サイドプランクのポイント

1. 横になり、床との設置面は肘と かかとのみ

2. 肘は肩の真下に置く

3. 頭から つま先まで、体のラインは真っ直ぐに保つ

4. 腹斜筋を意識して下さい ( 下になる側の腹斜筋 )

5. 体勢を維持し、1分~3分 もしくは限界まで × 3セット

6. 下になる側の腹斜筋に効果がある為、体の向きを変え左右行う





さらに負荷を上げたい場合は、こんな感じで


サイドプランク-2

上になる側の手足を体から離すと、負荷アップ ↑↑





最初のうちは 10秒位でも腹筋がプルプルしてくると思いますよ ♪

是非お試し下さい。 (^0^)/


関連記事

アイソメトリックとは?        アイソメトリックの注意点

その他 アイソメトリック トレーニング方法
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

Thoughts on スポンサーサイト腹筋のアイソメトリックをご紹介

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。