上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
アイソメトリックってご存知ですか?

結構効きますよ^^

アイソメトリックの注意点

アイソメトリックとは等尺性ともいい、筋の長さを変えないで張力を発揮する収縮方法です。
筋の長さを変えないというのは、筋肉を曲げたり伸ばしたりしないということです。



例えば、動かない壁を押し続ける

といった動作などでは、筋の長さを変えない

すなわち固定されたままで力を発揮し続けます。






■ アイソメトリックの注意点


アイソメトリック・トレーニングを行うときは、息を止めながら行っては、いけません。


息を止めながら行うと、血圧の変化が大きくなり ( 血圧急上昇 ) 心臓に負担がかかりやすくなるので、


息を止めないで行うことが大切です。






■ アイソメトリック・トレーニングの方法

初めのうちは、最大筋力の70%ほどの力で 7~10秒 ほど続けます。


合掌-1



これを1セットとして3セット以上行って下さい。

ちなみに、セット間のインターバルは 20秒 ほどにすると良いでしょう。


手押し3セット


慣れてきたら最大筋力 ( 100% ) を使って、やはり7~10秒行います。





なぜ 7秒~10秒 なのか?

それは、最大筋力に到達するのに7秒程かかるから ( ̄^ ̄)



もう少しだけ細かく言うと、

筋肉内に蓄えられたクレアチンリン酸という物質を使ってパワーを発揮するシステムが関係しているからです。

しかし、このクレアチンリン酸の貯蓄量はわずかで

数秒しか持続できません。

だから 7~10秒 なんです。






大事なポイントは鍛えている筋肉に意識を集中することです。

『 あ~ 今ここが鍛えられてる~ 』

みたいな感じで ♪ ^^






■ アイソメトリック最大の難点


それは、飽きやすい事


トレーニングは日々の継続が大切ですが、アイソメトリックは

『 体を固定する 』

という 動きの無いトレーニングの為、特に飽きやすい傾向にあります。



そんな時は 『 静止して行う 』 という特徴を活かし、TVを観ながらやってみるのも良い方法かもしれませんね。


TV

関連記事

セット数 と インターバル その1   セット数 と インターバル その2

アイソメトリックとは?      アイソメトリック トレーニング方法
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

Thoughts on スポンサーサイトアイソメトリックって知ってる?-2

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。